プロジェクト概要

実験内容

由布市は、年間約380万人もの観光客が訪れる国内有数の温泉観光地である。その観光エリア周辺には、国道210号、県道216号線、県道11号線等の幹線道路が通り、広域交通のアクセス性を確保している。

地域の課題

課題1

観光車両の集中による交通混雑

渋滞状況

課題2

通過交通の流入

課題3

駐車待ち車両による速度低下、安全性低下

実験内容:AIカメラの渋滞情報をデジタルサイネージ等で発信

観光エリアの混雑状況を把握するAIカメラの設置

適切な箇所を選定し、AIカメラを設置することで混雑状況を把握する。

経路を分散する渋滞情報及び迂回路案内に関する情報発信

AIカメラから取得した渋滞情報に基づき、混雑箇所の迂回路情報等について、道の駅ゆふいんのデジタルサイネージ、道路情報板等で観光客等へ提供する。

交通手段を分散する観光エリア周辺のパーク&ライド

由布院郊外駐車場において、二次交通である自転車等への乗換を行い、由布院岳等を望みながらの楽しいP&Rを実践する。

実験イメージ

TOP